【ストレスとセルフケア】#90

「もう、ほんとストレスたまる!!」
町中でこんな言葉をたまに聞く事があります。

「ストレス」って、
一般的に悪者のように思われがちですが、
本当にそうなんでしょうか?

これはメンター坂井さんから以前教えてもらった話です。

【ストレスと生産性の関係性】

▼人は一般的にストレスを受けると、生産性はあがります。

仕事の依頼を受けたとき、
期限が明日までと言われたら、のんびりやるのに、
期限が今日中だと、「これはやばい!」と思い、
目の色変えて必死にやりませんか?
その時に、普通にこなすより、明らかに仕事のスピードは上がっているはずです。
イメージはこんな感じです。

だから、組織をマネージメントする立場にある方々は、
チームメイトに適度なストレスをかけ、
生産性を高めるようアプローチするんです。
(彼らの役割は、組織の生産性を高める事ですから。)

だからこそ、個人にも組織にも
仕事には期限があり、
目標があるんです。

ですが、
▼逆にストレスがかかり過ぎると、生産性は落ちてきます。

プレッシャーをガンガンかけ、
ストレスがかかりすぎると、
モチベーションが下がったり、思考が乱れたりして、
明らかに生産性はさがりますね。
(そんな経験された事のある方は多いのではないかと思います。)

このストレスと生産性の相関関係が個々人によって、
バランスが異なります。

だからこそ、マネージャーと呼ばれる方々は、
人それぞれに応じて、
その人が高いパフォーマンスを発揮できるように、
時にストレスをかけ、
時にストレスを緩和するアプローチをしなければならないと思います。
でも、なかなかそこまでできない。

そこで大切になってくる事が、
▼個々人によるセルフケア
だと思います。

ただでさえ、周りからのストレスが多い現代なので、
ストレスがかかりすぎていると感じた時は、
(時に自身がネガティブな感情になっている時)
休む事を選択してみてください。

自分がリラックスできる事、楽しむ事が一番です。

温泉に行ったり、ヨガをしたり、ランニングをしたり、
音楽を聴いたり、ストレッチをしたり、読書をしたり・・・

そんな自分自身が一番良い状態を作ることができる事を知り、
それを通じてセルフケアを行うことが一番です。

大切な事は、
ただひたすら頑張る事ではないと思います。

大切な事は、
▼高いパフォーマンスが発揮できるよう、やる時は必死でやり、休む時は休む事。
だと思います。

【今日の活動記】

朝からブログを書いております。
昨日に引き続き、
平本あきおさんの本を読みながら、
来年の計画を立てています。

明日は、友人と本気の目標設定をするため、
その準備中です。

夜は継続的にコーチングです。
南島でリフレッシュされたこられたOさん、
お会いできることがとても楽しみにです。



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード5810

コメントは管理者の承認後に表示されます。