【靴の修理から感じた事】#92

ソールの張替えをお願いしていた
革靴を取りにいってきました。

1年半程前購入した黒でシンプル革靴なのですが、
履く度に気に入っていき、
今では、週の半分以上履いている一足です。

自転車も車も持っていない僕なので、
移動手段は、大半徒歩もしくは電車。

あっちへふらふら、
こっちふらふらしているので、
移動距離はかなりおおいと思います。

そんな生活の中で、
仕事に行く時、
人と会う時、
出張で遠方に行く時、

いつも足下を守ってくれている一足です。

かなりソールがすり減っていたので、
張替えをお願いしたのですが、
とてもきれいになって返ってきて、
皮の手入れまでして頂いており、
感激しました。

とても愛着がわいたと共に、
もっと感謝して手入れしなかんな、と思いました。

1年間~数年間、ほぼ毎日、
晴れの日も、雨の日も、雪の日も
守ってくれている訳ですから、
購入や修理というお金の投資や
手入れやメンテナンスという時間の投資は、
必要不可欠かつ安いものだと思います。

▼「次から次へ新しい物へ」ではなく、
▼「1つもの物をより丁寧により長く」に
価値を置くようになり、
そこに生まれる、
・使用感、
・フィット感
・渋み、
・愛着、
を楽しみたいと思うようになってきたので、

▼生活を支えてくれている物への感謝

を忘れず、丁寧に扱っていけるよう
心がけていこうと思いました。

という事で、
まずは週1回靴磨きから始めます。

(これから僕の靴が汚い時はツッコミを入れてください!)

【今日の活動記】

身の回りの整理整頓で1日を終えました、

前回ブログで書いた
「年末にすべき事」もいくつか進めることができました。

http://tomoya-umeda.com/2014/12/23/469

リラックスした環境で読書も進み、
こういった1日も必要だと思いました。



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード2014

コメントは管理者の承認後に表示されます。