【シャンプー5人作戦の意図とは?】#141

何とも変なタイトルですね。
何事だ!と思った方!
是非読んでみてほしいエントリーです。

以前のブログにも書きましたが、
現在、新潟のコンサルタント・広岡勝時さん(http://www.4emms.jp/index.php?プロフィール)の成れる会という塾に通っています。
週1回、毎週日曜日、半年間の全24回のプログラムです。

ここで学んでいる事は、
・考え方を整える事(マインドセットする事)
・物事の見方、捉え方を変える事(パラダイムシフトする事)
・いかに人格を磨くか?
・いかに貢献できる人になるか?
・いかに信頼される人になるか?
これらを真剣に学びため、通っています。
抽象的な内容ですが、自分自身を育てると言う事にフォーカスしている事を学ぶので、
仕事やプライベート、ひいては人生においてとても波及効果の高い内容だと思ってます。

そこでは、1、2回の会に1回課題ができます。
そして今週でた課題がこれです。
そうタイトルの「シャンプー5人作戦」!!

ルールは単純。
シャンプー(厳密には、シャンプー、リンスなどの日用品)を5人(もしくはそれ以上)の方に販売するというもの。

それだけ聞くと何とも怪しいすぎる課題です。
(こちらが製品URLです。↓
http://サンダース・ペリー化粧品.com/index.php?haircare
怪しい物ではない事を示させてください(汗))

正直「なんでこんな事するんだろ」って、始めは思いました。

でも広岡さんのことなので、なにか深い意図があるはず、
そう思い考えてみました。

「ユダヤ人大富豪の教え」という本があります。
主人公の本田健さんが、アメリカで大富豪に出会い、その大富豪から成功の秘訣を教えてもらい、将来ビジネスで成功するべく人間に成長するという物語です。
この物語の健さんの大成長は、「教えてもらう」というより、「大富豪の課題をこなし」ながら、大切な事に気づき、身につけていったものでした。

ふと、今自分が取り組んでいる事は、「ユダヤ人大富豪の教え」に似ているな、と思いました。

では、なぜ「シャンプー5人作戦」の課題があるのでしょうか?

僕の考えは下記です。

①自分に提供できる価値を考え抜くため。

今や日用品といえば、薬局でも、デパートでも、通販でも買えます。
種類も豊富、値段も安い物から高い物までさまざまあります。
別に僕から買う理由なんでどこにもないんです。専門家でもないですし。

その条件の中で、「あなたから買いたい!」って言ってもらえるように、「自分には何ができるだろ?」って考え抜いて行動する事が試されます。自分が提供できる付加価値とはなにか?を徹底的に考えるためです。

②自分の信頼・信用を振り返るため

もし、自分自身が今までに、周りの方に与える事を考え行動し、貢献し、周りをHappyにしてきたなら、周りからの信頼され、信用され、このような場面で、手助けしてくれる方や応援してくれる方がでてくると思います。
この積み上げてきた信頼・信用があれば、シャンプーを販売する事に対しても助けや応援もあると思います。
つまり、この課題を鏡として自分の今までの在り方を見直すことができるためではないでしょうか?

③自立の一歩を踏み出すため

この会の参加者は、大なり小なり精神的自立と経済的自立を求めている方が多いと思います。
とりわけ経済的自立という観点でみた時、100円の流れが作れない人に、お金の流れは作れないので、①②を積み上げながら、まずは小額な流れを作りだせる人になるための訓練だと思います。

そのように思います。

という事で「シャンプー5人作戦」に行う事にしました。
「ユダヤ人大富豪の教え」のようで、個人的にはワクワクしているのですが、やるからには課題を達成できるように取り組みたいと思います。

課題に扱う日用品は、こちらの製品です。(http://サンダース・ペリー化粧品.com/index.php?haircare
と少し宣伝させて頂き、今日はここまでで。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード3433

コメントは管理者の承認後に表示されます。