【日々、自分に言い聞かせている言葉が状態を作る】#163

こんばんは。

昨日は、僕が参加している「成れる会」主催にて、
「目標達成のためのマインドセットセミナーvol.2」を行い、
講師をして約30分お話をして参りました。

一昨日は、自主講座で、「セルフコーチング講座」と、
土日はばたばたとしていましたが、
とても充実した2日間でした。
改めて感じるのは、自身が「話す」という事はとてつもなく自分のためになるということ。
こちらはまた機会をみてブログで書こうと思います。

改めて、ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。

さて、今日は「自分自身が発する言葉」について書いていきます。

日々より良いアウトプットをするために、
自分自身をよりよい状態に管理しておく事はとても大切な事です。

この『状態管理』は、3つの要素で管理できます。

1つ目は、「焦点」。
焦点をプラスに向かせる事です。
(詳しくは先日のブログをご覧下さい。
→【どこに「焦点」を向けてるか?】#162)
http://hp.tomoya-umeda.com/index.php?QBlog-20150509-1

2つ目は、「言葉」。

3つ目は・・・明日書こうと思います。

その言葉とは、
日々日常的に、自分がどのような言葉を使っているか?という事です。

「最近仕事はどうですか?」
と聞かれた際に、どうのように答えているか?という所です。

ある人はこう答えいます。「めちゃくちゃ忙しいです」と。
しかし別の人はこう答えます。「一杯入ってきておもしろいです」と。

ここで想像してみてください。
・この2人のやっている仕事の内容や、量、忙しさに、そんなに大きな差があるでしょうか?
・この2人はどんな思いで、どんな顔をして仕事をしているでしょうか?

前者の人は、なんかイライラしてそうで、忙しそうな顔をしてそうなイメージがしませんか?
後者の人は、ばたばたしてそうですが、楽しそうにワクワクしながら仕事をしてそうな感じがしませんか?

おそらくやっている内容や、量、忙しさにそれほど大きな差はないのではないかと思います。

だとしたら何に差があるのか?
その人達が発している「言葉」です。

「忙しい」、「退屈だ」、「つまらない」などという言葉は、そのような状態を作りだしている。
逆に、「おもしろい」、「楽しい」、「ワクワクする」などという言葉は、そのような状態を創り出します。

周りで、この人すごいな、この人カッコいいな、この人尊敬する、って思っている知人や先輩は共通して、プラスな言葉、前向きな言葉、力強いことば、パワフルな言葉を使っている事に気づいてから、言葉の力の大きさを知りましたし、言葉は状態を作るということが理解できました。

言葉は変えることは、今の自分で変える事ができる一番簡単な事かもしれません。

良い言葉遣いが出来るまでは、
まずは意識的に自分の発する言葉に注意しながら日々生活をしていこうと思います。

『微差は大差』
少しづつ積み上げていきますよーー!!



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード1882

コメントは管理者の承認後に表示されます。