可処分時間は何時間ですか? #169

=====================

何事もまずは現状を知る事

=====================

先日、街に出た時、とてもカッコいい服に出会いました。
値段を見たら1万円。セール品で結構お手頃だったと思います。

すごいかっこいい!ほしいなぁ~!と思いましたが、今月は、自己投資で10万単位のお金を使っており、服を買う事を見送りました。

現状に目を向け、現実的に考えるとこの状況で服を買う事は無理でした。

このように買う、買わないの選択をする上で、現状をしっかり認識している事はとても大切ですよね。
お金については、このように現状を認識して判断するという事ができている人は多いのではないかと思います。

=====================

可処分時間は何時間ですか?

=====================

では、時間についてはどうでしょうか?

時間は、最も大切な資源にうちの一つです。
何をするにも使うもので、有限であり、どう頑張っても取り返す事ができない物です。

その時間について、しっかりと現状分析はできてますか?

可処分時間という言葉があります。
1日24時間のうち、仕事、食事、身支度、睡眠などの時間を除いた
「あなたが自由に使える時間」です。

僕の場合、可処分時間は、平日:4時間程度(朝2時間、夜2時間)、
休日:11~12時間程度です。

(ちなみに一般的な会社員の平日の平均可処分時間は2.6時間と言われています。)

この限られた時間の中で、
あなたがやるべき事、やりたい事をしなければならないわけですね。
「あれもやりたい」「これもやりたい」って言っているのに、時間はなければ、なにもできないわけです。

だからこそ、まずは現状をしっかり分析する事が大切なんですね。
すると大体、全然時間がない事に気づきます。

そこで初めて、
・本当に大切なものは何か?と優先順位をつけたり、
・やらなくてもいい事を、やらないと決めることができたり、
・どうすればあと15分時間を作ることができるか、と考えたり、
・生産性を上げるためにどうすればいいか、を考えてようになり、

と知恵や頭を使うようになります。
知恵や頭を使って考えることができるようになると、可能性はどんどん広がります。
工夫したり、カイゼンしたりするからです。

ということで、まず大切なことは、しっかりと現状を分析して、それを受け入れることです。

一度、ご自身の可処分時間について数値を出してみてください。
意外な気づきや発見があると思います。

次回は、
自分の人生で時間ってこれだけしかないんだ!ってハッっと気づく簡単なワークがあるのですが、
それについて紹介したいと思います。

それでは。



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード8312

コメントは管理者の承認後に表示されます。