岩隈投手ノーヒットノーランに学ぶ勝負強さとは #176

岩隈投手ノーヒットノーランに学ぶ勝負強さとは

先日2015年8月12日、シアトルマリナーズ岩隈久志投手
ノーヒットノーランを達成しました。

大リーグの日本人投手では、
野茂投手が、1996年、2001年に2度達成して以来、
2人目、計3度目の快挙。

達成後のマリナーズナインに祝福される中での
ガッツポーツはとても印象的でした。

回を重ね、
ノーヒットノーランを意識しだしてからは、
普段以上の緊張感のある1球1球だったかと思います。

そんな中見事に達成され、
ここぞというところの

『勝負強さ』

を感じました。

====================

勝負強さとは?

====================

岩隈投手の快挙を目の当たりにして、

「勝負強さ」ってなんだろう?

って考えてみました。

勝負強さといってパッ!と思いついた出来事や人は、

なでしこジャパン(特に2011年ドイツW杯優勝の時)
・水泳の北島康介選手
・テニスの錦織圭選手
日本女子バレー(ロンドン五輪銅メダルの時)

などがありました。

これらのチーム、選手に共通して言える事は、

どんな大舞台、緊張感やプレッシャーの中にいても、
自分達の持っている本来の力を出し、
高いパフォーマンスを発揮している事です。

つまり、
どんな場面でも乱されない、

『集中力』

これが共通するところかと思います。

どんな緊張状態、プレッシャーに置かれても、
自分のプレーをする、
その集中力こそが、

『勝負強さ』

なのかと思っています。

====================

いかなる状況でも、平常な精神状態を保つ事

====================

以前、
「集中力」(セロン・Q・デュモン)という本を読んだ時、
次のような事が書いてありました。

———
▼集中力とは、
いかなる状況に置かれても、
平常な精神状態を保つ事である。
———

たしかに・・・!!

僕ら人間って、本来はそれができる力や能力があるのに、
いざとゆう時にできなくなってしまう事がありますよね。

例えば、
普段はすごく上手にプレゼンができるのに、
いざ大勢の人の前でプレゼンをするとなると緊張してうまくできない。

普段は、あの技のかけ方は知っているのに、
いざ大会になるとそれがうまくできなくなる。

これは、外部要因による
プレッシャーや緊張、期待により、
本来持っている力が発揮できない状態にあるという事です。

そんな中でも
普段と変わらぬ平常な気持ち、
平常な状態を保ち、
普段通りのアウトプットができる事、

この事が集中力であり、
勝負強さかと思います。

岩隈投手にしても、
上記のスポーツ選手にしても、

並々ならぬプレッシャー、
周囲からの期待、緊張感の中でも、
平常通りのプレーに専念できる
研ぎ澄まされた集中力があり、

その「集中力」こそが、

ここ一番で力を発揮できる
『勝負強さ』
なのか、と思っています。

====================

ここ一番でリラックスできるぐらい
日常に緊張感を!

====================

では、
ここ一番での集中力はどのように
作る事ができるのか?

普段から、本番を意識して、
全力でやる事ではないかと思います。

普段から、
本番をイメージして、
本番だと思って、
緊張感を持って、全力で練習に取り組む事、
これ以外にありえません。

すると、いざ本番になっても、

「いつも通りいつも通り」と思えて、

リラックスしてプレーできるようになります。

▼日頃から本番だと思って、全力で取り組み事。

そうすれば、逆に、

▼本番すらも、練習かのごとく感じられるになります。

言葉を変えると、

▼『練習と本番の境界線をなくす』

ということかとも思います。

この事は、なにもスポーツに限った話ではなく、
ごく日常の、
・会話でも
・メールでも
・プレゼンでも
・仕事に取り組み姿勢でも

すべてに共通して言えることかと思います。

『勝負強さ』を身につけるためのコツ、

▼日頃から本番だと思って全力で取り組むこと、

すると、

▼ここ一番の時でも、練習かのごとく平常通りのパフォーマンスが発揮できる。

岩隈投手の勝負強さに触れ、
そんなことを考えました。

▼日々是全力!

素敵な言葉です。



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード8223

コメントは管理者の承認後に表示されます。