目標達成の鉄則 その③ #181

目標達成の鉄則 その③

目標を達成する鉄則は3つだけ、
ざっくりそう考えています。

そしてその3つを頭の片隅にいれながら、
大切な事は、とにかく実践する事です。

目標達成の技術を学ぶ事が目的ではないからです。

目標達成の鉄則その①②はこちらのバックナンバーをご覧ください。
◼︎目標達成の鉄則 その①
→「超」具体的な目標を定める

◼︎目標達成の鉄則②
→戦略を立てる

①②で、
目標をしっかり定め、焦点を絞り、
その目標を達成するための方法を考え、
具体的な行動まで落とし込みます。

そして、3番目は、

▼やりきる事です。

・いくら優れた目標があり、
戦略があり、計画があっても、
行動しなければ意味はないですし、

・また行動したとしても、
中途半端では、目標は達成できません。

このやりきる!!!事が
最後にすごく重要になってきます。

====================

やりきるためには、メンタルも重要。

====================

・目標が達成できるかできないか、瀬戸際での踏ん張り

・勝つか負けるかでの最後のがんばり

このような場面で、
最後の1歩を踏み出せるかどうかは、
やはりメンタルの差はあるでしょう!

このメンタル、
一朝一夕で、鍛える事ができるものではありません。

そのような
やりきれるか、やりきれないかの厳しい場面に
何度も立たされながら、
鍛えられていくものではないかと思います。

ただ、このメンタルというのも、
結局は脳です。

最後の大一番でやりきれるかどうかの
行動を支配しているのは、
やっぱり脳です。

だから、
メンタルトレーニングとは、
脳を鍛える事とよく言われています。

その中で今日からできるオススメがあります。

====================

完璧を目指さない!

====================

人は、自覚無自覚に信念をもって生きています。

最後までやりきる事ができない人は、よく

「失敗したらダメ、完璧でなければならない」

という信念を持っていると言われています。

ですが、
僕らの生きている社会は完璧なんて存在しないと思います。

わかった事からやってみて、
やりながら、時に失敗しながら学んでいく社会です。

だからこそ、
▼完璧を目指さない事

そして
▼「もし失敗しても、自分は立ち直り、また挑戦できる」

そんな信念を持つ事が重要かと思います。

もちろん、やりきるために、
100%の努力は必要です。

だからこそ100%の努力でやりきる、
その後の結果は天命に任せる。
(時にうまくいかない事もある)

というぐらいに考えておくのがいいのではないかと思います。

そのように自分の持っている脳内での信念を上書きしていく事は、
難しい事ではなく、今日から少しづつできます。

完璧を目指さない、
失敗を恐れない、
失敗しても立ち上がれる、
そんな考えを脳内に入れていき、
やりきる力をつけていく事が良いのではないかと思います。

そして、最後に・・・

目標達成の鉄則について
最低限の事だけ頭の片隅にいれたら、
あとはとにかく実践です。

目指すは、
実践の繰り返しの中から、

▼目標を達成する習慣がある人

▼成果を出し続けることができる人

になる事です。

そのためには、
【実践こそ最大の学びなり】です。



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード5605

コメントは管理者の承認後に表示されます。