毎週に初詣を! #232

画像の説明

年始になると、
多くの日本人が初詣に行きます。

日本には、200~300万人もの初詣客が訪れる神社がいくつもあります。

初詣では、
「昨年もお世話になりありがとうございます」
「今年は、◯◯できますように」
「今年もよい1年になりますように」

のように、『感謝』と『お願い』をします。

ここぞとばかりに、
1年間の目標を立て、
『今年はこれに挑戦しよう』
『今年はこれを達成しよう』
と決意し、素晴らしい1年のスタートをきります。

▼ですが、どうでしょうか?

初詣で願った目標に対して、
3ヶ月後、半年後、熱意を持って取り組めている方はどれぐらいいるのしょう?

感覚としては、多くはないと思います。

▼理由は、忘ててしまうからではないでしょうか?

3ヶ月後、半年後、2016年の初詣でお願いしたい事を覚えている人は、
何人いるでしょうか?

忘てしまった事に対しては、
どうがんばっても、「情熱を持って取り組む事」などできないでしょう・・・汗

▼人は、『忘れる』動物です。

だからこそ、忘ても思い出せる仕組みを持つ事が大切です。

▼やはり、紙に書いて、見える場所に貼っておくのが一番でしょう!

・紙に書いて、壁に貼っておく、
・手帳に書いておく、
・ノートに書いておく、
・PCのデスクトップに書いておく、
・スマホメモに書いておく、
・エバーノートのようなアプリに書いておく、

など、何度も結構でしょう。

(私の場合、手帳とPCデスクトップメモを活用しています。)

定期的に確認し、アップデートできる状態にしておく事が大切です。

そして、月に1回、
できれば、1週間に1回それをみて、

『2016年はこんな事がしたいんだったな』と思い出せる状態を整えおく必要があります。

▼人は、『得たいもの』が明確になっていないと、それを得るために必要な行動をとりません。

だからこそ、
日常的に、見る仕組みを整えておく必要があります。

実際に参拝にいかないにせよ、
▼「毎週、初詣で参拝しているかの如く、『得たいもの』が明確になっている、そんな状態を作る事が肝でしょう。

▼年始のこの時期に、1年の目標を立てても、忘てしまい、
取り組めていないのはもったいないです。

そんな意味では、
▼毎週毎週、初詣で参拝している、
そんな感覚が大切なのです。

今日は、
2016年1月2日です。

一度、見えるところに書いてみて、
定期的に見直してみて、
それに必要な行動をとってみてください。

▼2016年が終える時、
手に入っているものは、意外に多かったりします。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード8183

コメントは管理者の承認後に表示されます。