最適緊張状態を作り出せ! #250

最適緊張状態を作り出せ! #250

「緊張してきたぁ~、リラックスしなければ・・・」

「やばい、めっちゃあがってきた、落ち着け」

▼こんな言葉を聞くと、

「緊張」=「悪者」

のように聞こえますし、
リラックスは、
しないといけないもののように聞こえます。

▼人間であれば、誰しもが緊張するものです。

私であれば、

・マラソンのスタート前は緊張しますし、
・セミナーや講座の前も緊張します。

▼緊張というのは、

「自立神経」の働き、

つまり心身の機能を調整する働きの一種で、

脈が上がり下がりしたり、
体温が上がり下がりしたりする機能と同じです。

▼この「緊張」、

車でいうと『アクセル』のようなものです!

※逆に、「リラックス」は、
車でいうと『ブレーキ』のようなもの。

▼つまり「緊張」は悪いものでは全くなく、
むしろアクセルを踏む感覚なので、
よいもので、

ただし
『アクセルの踏みすぎ』には要注意というだけです。

そのような状態を「過緊張」なんて言ったりします!

▼最高のパフォーマンスが出せる状態とは、

リラックスしすぎず、
また、緊張しすぎず、

精神が集中した最適な緊張状態でいる事です。

▼このような状態を、
『最適緊張状態』と言います!!

(ちょうどいい感じにアクセルを踏んでいる状態です)

感覚的には、
何かと忙しいこの日本社会では、
リラックスしすぎの人より、
緊張しすぎ(ストレスのかかりすぎ)の人の方が多いかと思いますが、

過緊張状態を緩和する一番の方法は、

▼『腹式呼吸』です。

鼻から大きく5秒間かけて酸素を吸い込み、

お腹で溜めて、

10秒かけて、口から吐き出す。

リラックスできる環境(例えば、オープンな野外など)で、
この腹式呼吸を3セットもすれば、

気持ちは変わります!

▼このように、
「緊張」をうまく扱う事ができるようになり、

『最適緊張状態』を作り出せるようになれば、

ピークパフォーマンスを発揮できるようになります!

▼「緊張」するからうまくできないのではなく、

「緊張」をうまく扱えず、過緊張状態にいるからうまくできないわけです。

▼こんな観点で『緊張』というキーワードを捉えてみる事が大切かと思います。

※逆にリラックスのしすぎから、戦闘状態に持っていく事を
サイキングアップなんていったりもします。
http://hp.tomoya-umeda.com/index.php?QBlog-20160104-1

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード7663

コメントは管理者の承認後に表示されます。