質問前に自分の答えをもっているか? #254

画像の説明

▼しっかりと成果をあげるために、
一番てっとり早い方法は、

すでに成果を上げている人の

『思考』と『行動』を真似する事です。

例えば、
フルコミッションの保険の営業マン。

バンバンに成果を出している人もいれば、
全く成果が出ていない人もいます。

▼この場合、
もし成果を出したいのであれば、

バンバンに成果を出ている人が、

『何を考え、どう行動するか?』

を素直に、徹底的に、真似すれば、
ある程度似たような成果はでてくる、
そのように思います。

では、その成果を出している人が、
『何を考え、どう行動するか?』を知るためにツールは何か?

それが「質問」です。

▼シンプルに、
「何を考えていますか?」
「どう行動しますか?」と質問すればよいだけです。

多くの成果を出している人は、
「人を喜ばす事が好きで、得意」なので、
快く教えてくれるでしょう!

▼ただ、これで満足してはいけません。

▼もう1ランク上の、
質問する際の心得があります。

▼それが、
『質問する際に、自分の答えをもっているか?』という観点です。

どういう事かというと、

相手に質問する前に、
自分はどう思うのか?相手はどう答えるだろうか?
という答えをしっかり持っている事が大事です。

▼それをする事で、

『自分はこう思う』

『相手はこう思う』

その差を認識する事ができます。

▼この差が結果的に、
うまくいっている方とうまくいっていない方の『思考や行動のレベルの差』

という事です。

▼つまり、
「成果を出している方なら、こう答えてくるだろう?」

という、
自分の中での解が、

相手からアウトプットされる解と
同等なものになっていけば、

『よい考え方ができてきている』

と解釈する事ができます。

あとは、
それを思いっきり行動に移していけばよいわけです。

▼『自分の中で解を持ち、質問する。』

そんな観点が大切かと思います。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード1801

コメントは管理者の承認後に表示されます。