「挑戦」と「現実性」の狭間を狙う #267

画像の説明

「やる気」という言葉があります。

まず、この言葉について、
とてもしっくりきた考え方があります。

それが、

▼「『やる気』は作るものではなく、もうそこにあるもの」

という表現です。

▼蛇口をひねれば、水が出る、

やる気とは、その水のようなものです。

▼もうすでにそこにあるため、

作る必要はなく、

あとは、どうやって、蛇口を開いて、水を出すか?(やる気を出すか?)

その方法をしっている必要があります。

その「やる気」の引き出し方で、

一つとても参考になる考え方が

▼「挑戦」と「現実性」の狭間を狙う

というものです。

▼これはフロー理論とも似ているところがあり、

「挑戦」は、

・大きすぎると「強い不安」を感じ、やる気の低下を及ぼし、

逆に、

・小さすぎても、「無気力」や「退屈さ」を感じてしまいます。

ちょうど、
「挑戦」だか、現実的にも不可能ではない!

この辺りのレベルを狙っていくと、
やる気の蛇口をひねっていく事ができます!!!

この
▼「挑戦」と「現実性」の狭間ですが、

過去に経験があると思います。

・困難なトラブル対応に立ち向かった時やる気がでた
・英語のプレゼンテーションの準備でいつもよりがんばれた
・年度末の売り上げ目標に対して、最後の追い込みをがんばった
・敵が強い方が燃える

など、
これらの経験で、いつもより「やる気」がでるのは、

▼「挑戦」と「現実性」のちょうど間のレベルに挑んでいるからです。

▼「やる気」とは、もともと備わっているものであり、

そのやる気を引き出すために、

▼「挑戦」と「現実性」のちょうど狭間を狙う事

こんな考え方をもって、
日々のやる気を整えて行くことがよいかと感じています。

本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。



メルマガ登録フォーム

梅田智也のメールマガジン「生産性を倍増するために・・・」の登録フォームです。

※登録されると1通目に仮登録メールを送信します。
その中のURLをクリックすると、本登録になります。
仮登録メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です



コメント


認証コード4524

コメントは管理者の承認後に表示されます。